赤ちゃんはアレルギーの症状が出やすいので、おうちの方は不安になることが多いでしょう。数日で治る病気ではないので、悪くならないようにコントロールすることが大切です。
アレルギーは、年齢とともに良くなっていくことが多いです。ただ、年齢によって発症しやすいアレルギー症状が違うので、お子さんの成長段階に合わせて、適切な治療を心がけています。

次の病気の診断・治療をしています

  • ぜんそく
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 食物アレルギー

※問診、採血によるアレルギー診断を基本としています。
専門的な診断が必要な場合や、食物経口負荷試験については専門の病院をご紹介いたします。

ぜんそく

吸入の方法や日常生活の中で症状を簡単にチェックできるような方法などについて指導いたします。発作の誘因(お部屋の塵やダニ、ペットの毛、タバコの煙、感染症、気候、運動など)やその対策について考え、お子様にあった管理の方法を見つけていきます。

アトピー性皮膚炎

スキンケア(身体の洗い方、外用薬(軟膏など)の塗り方)について指導いたします。悪化する要因(食べ物、汗、乾燥、ダニ・ほこり、ストレスなど)やその対策について考えていきます。